アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
manxmouse
ブログ紹介
ようこそ!
個人用の備忘録とアルバム整理、そのアルバムをお友達とシェアするためのページです。
アルバムの写真をダウンロードしたい時は、メール頂戴ね(コメント欄は表示されませんのよ)。
気が向いたら記事を書くかもしれません。

Dear friends,
welcome to my page.
I started this page for my "aide-memoire"and to shire photos with my friends.
If you would like to download those photos in my album, just let me know by mail. (comment boxes are off)
I can unlock them for you.
zoom RSS

オックスフォード2016今年のことば post-truth Oxford Dictionaries

2016/11/19 02:25
「オックスフォード2016今年のことば」は、…

多大な調査研究と、熟慮、話し合いの末、
2016年オックスフォード辞典今年のことば
(the Oxford Dictionaries Word of the Year 2016)」は、

「『客観的事実は、
感情に訴えたり、個人の信条に比べて、
世論を形作るには影響力が小さい、』
という状況に関連する、
あるいはそれを意味すると定義された
形容詞、『post-truth』です。

" target="_blank">src="https://www.youtube.com/embed/3xcW7Tg5E34" frameborder="0" allowfullscreen>

The script was provided by a guest writer, the cultural commentator Neil Midgley.

以下工事中


Oxford Unversity pressのオリジナル記事はこちら

https://en.oxforddictionaries.com/word-of-the-year/word-of-the-year-2016

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


オックスフォード2016今年のことば post-truth Oxford Dictionaries

2016/11/17 03:41
「オックスフォード2016今年のことば」は、…

多大な調査研究と、熟慮、話し合いの末、
2016年オックスフォード辞典今年のことば
(the Oxford Dictionaries Word of the Year 2016)」は、

「『客観的事実は、
感情に訴えたり、個人の信条に比べて、
世論を形作るには影響力が小さい、』
という状況に関連する、
あるいはそれを意味すると定義された
形容詞、『post-truth』です。

" target="_blank">src="https://www.youtube.com/embed/3xcW7Tg5E34" frameborder="0" allowfullscreen>

The script was provided by a guest writer, the cultural commentator Neil Midgley.

以下工事中


Oxford Unversity pressのオリジナル記事はこちら

https://en.oxforddictionaries.com/word-of-the-year/word-of-the-year-2016

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Facebookの放置アカウントに友達リクエストが… 知り合いかもは大大大激変

2016/04/14 02:40

ずいぶん前に、実験用に作ったアカウントが三つ。
仮に、「賢者」、「凡人」、「愚者」と名付けるとしよう。
「賢者」は他の二人と友達となっている。

最近、久しぶりに三人のご機嫌を伺いに行ってみた(久しぶりにログインした、の意)のだが…

な、なんと!!
「凡人」に友達リクエストが!!

「Koko」
どこの国の誰なんだ?
名前を踏んでみたいのだが、それでまた「知り合いかも」の状況が一変するのが判っているので、とりあえず放置。
放置されていても、相手も気づかないだろう、きっと間違いだろうしね。

その「凡人」の「知り合いかも」リストが痛快。
同じような年代の、同じような人たちがずらりと並んでいる。
みな同じように浅黒い肌で、目鼻立ちがはっきりして。
中には、イラストのアイコンもあるのだが、日本のアニメキャラっぽいデザインだ。
ただ、面白いことに、日本人は一人も見当たらない。
これは、私の想像なのだが、友達リクエストを送った人物の友人、あるいは、その人物とと同じような条件の者達ではないだろうか。

一体どうなっていることやら…

ここで、
「あんた誰?」などと、メッセージを送ろうものなら、プライバシー設定で
「私を検索できる人」を
「友人のみ」にしていても、
一時的に、プロフィールを相手(友達リクエストの送り主)が見られ状態になるらしい。
尤も、この「凡人」にはそのような設定はしていないのだが。
くれぐれも、ご注意を。


ちなみに、この三人は、名前と生年月日以外、何もない。
さみしーいアカウントだ。

そして、「凡人」を通じて「友達の友達」となる、「賢者」と「愚者」には、それぞれ相手が「知り合いかも」と表示されているだけで、ほかには誰も表示されていない〈現在までのところ〉。


画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Facebookの「知り合いかも?」は、怖いか? 足跡か? その2 相手に足跡はバレルか

2016/02/27 01:13
バレてます。

先日、Facebookにおいて、自分のアクションが「知り合いかも」に反映されることを書いた。

こちら
Facebookの「友達かも?」は、怖いか? 足跡か? その1 自分の足跡

これを読んで、
「なーんだ。そんなことだったのか、よかった!」って、
安心しきっている人はあまりいないと思う。

そう。
自分のアクションだけではない。
誰かがあなたのことをクリックすれば、確実に「知り合いかも」に表示される。

あの、東北震災の年、『普段「知り合いかも」に表示されない人たちが、ゾロゾロ表示される事件』が起こった。

事の顛末はこうだ。

震災の直後、「海外の」友人たちが、

「大丈夫?」
「どうなってるの?こっちじゃ何にもわからない。返事ちょーだーい!」
「あなたさえ良ければ、しばらく私のところにおいでよ…」とまで言ってくれる友人もいた(お、お金がかかるぅ)。
当方西日本在住なのは、全員知っているはずであるのだが…

なぜこんな大袈裟なことになっていたのかというと、ヨーロッパでは、1*とんでもない報道がなされていたからなのだった。

少々横道に外れてしまったが、
「友人に要らぬ心配をさせるわけにはいかん。友人を通じて少しの人でいいから大抵の日本人が安全であることを知ってくれれば…」と、
普段は「友人のみ」見られる投稿を「友人の友人」にまで解放し、スペイン人の友人へ返答した。

その後、何が起こったか?

驚くなかれ、その日以来、「知り合いかも」に表示される面々は、スペイン人ばかり、という日が続いた。
当然、「共通の友人」は、当のスペイン人の友人である。
あんな震災の後だ、そこに日本人の投稿があれば、ついアイコンをクリックしてしまうだろう。私だってやる。

「何年何月何日の何時に誰々さんが来た」
という情報だけを「足跡」と呼びたい人には不満かもしれないが、これば立派な「足跡」だ。

「知り合いかも」の中に、あなたの苦手な人、嫌いな人、お付き合いしたくない人が表示されていれば、他に共通点や、メールアドレスのインポートがない限り、その人たちがあなたを覗いてと思って間違いない、と考えてよいだろう。
早めにブロックしておくことだ。

*とんでもない報道
まるで、東京の隣でチェルノブイリ大爆発が起ったかのような錯覚を起こさせる」と表現した人がいた。チェルノブイリの大惨事の映像を繰り返し放送していたとか…


前回は「自分の足跡」
Facebookの「友達かも?」は、怖いか? 足跡か? その1
http://manannan.at.webry.info/201602/article_2.html


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0


Facebookの「知り合いかも」は、怖いか? 足跡か? その1 自分の足跡

2016/02/08 14:29
私の考えは「YES!!」だ。
「怖い」し、「足跡」だ。
もちろん色々な条件で表示されるわけだが…
この際、一般的に広く浸透している要件(趣味、年齢、出身校、等々)については、割愛するとしよう。

私は、少し前に、
Facebookの「知り合いかも」に、列挙された名前を見た途端、ひっくり返りそうになった。

その時表示されていたのは、かつて、私が所属していたとあるボランティア団体の面々だったのだ。
「んな、ばかな…」
そもそも、その人たちが、私のことをFacebook上で探せるはずがないのだ。

「私を検索できる人」は友達のみ。
つまり、友達以外の人にとっては、私は存在しないことになっている。
リアルの友人(Facebook上ではまだ友達ではない)が、「友達リクエスト送りたいんだけど…」って言ってきた時だけ、設定を変更する。
私がひっくり返りそうになった時点では、友達の中にそのボランティア団体の者は存在しない。
Facebookのシステムがうまく働いているのなら見つかるはずは無いのだ。

「自分が何かミスを犯していたのか?」
「Facebookの側のエラーでセキュリティに穴があったのか?」
悩むこと2時間。

「え??」
よく見ると、自分の名前も挙がっている。

「ありえない」
私は自分の名前を、しかも漢字で登録したりしていない。
そんなことをして、呪詛でもかけられたらどうするのだ! なんちて。

「!!!!」
はは〜ん!

「はは〜ん!」のあとどうしたか?

安心した(笑)

種明かしをすると、
「知り合いかも」に挙がっていた人たちは、
私が、この「知り合いかも」リストを見つけた半年ほど前に、チェックした人物達なのだ。

そう、
Facebookは、
私がクリックした人を記録し、
忘れたころに、
「知り合いかも」にリストアップしてきたのだ。
脅かすなよ!!

私は他人にとっては存在しない設定であるから、私の行動(*1)が「知り合いかも」に反映されているわけだ。

本人がクリックしているくらいだから、友人である可能性はある意味高いだろう。
それは即ち、Facebookにとっては、「知り合いかも」リストの精度を上げることにもなる。

元カレ・元カノの名前が挙がって、ストーカーかも…と気味悪がっている人、自分でクリックしていませんか?
忘れてしまっている、自分の足跡。
自分では見られない足跡。

この件にはもう一つ、オチがある。
リストに挙がっていた名前は(自分の名前も含めて)全て、「同姓同名の他人」であった。
やれやれ…


安心してはいけません。次回は「相手の足跡」

Facebookの「友達かも?」は、怖いか? 足跡か? その2 相手の足跡
http://manannan.at.webry.info/201602/article_3.html



(*1)
他から見つけられないように設定しているにもかかわらず、
ボランティア団体の人たちがいないかどうか確認していたのだった。
SNS上でお目にかからなくて済むように、こちらからチェックして早めにブロックしておくので。
この様な使い方は、SNSで友達増やすのが目的の人には「何やってんだ?」って思われるだろうが、それはさておき、いらないものはいらない。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0


アップルクランブル(Apple crumble)のつくりかた 英国風

2016/02/06 01:30
アップルクランブル(Apple crumble)

面白いページみつけました。
イギリスのお手軽デザート、アップルクランブルです。
りんごのおいしい季節だし、食べてみましょ。
りんごは、出来れば紅玉などのかためで酸味のあるものが、お菓子作りに適していると言われています。

オリジナルページはこちら
BBC FOOD RECIPES
http://www.bbc.co.uk/food/recipes/applecrumble_2971

**********
試訳
アップルクランブル(Apple crumble)

このレシピは、基本的で素早く簡単なデザートを求める方々の一番のお気に入りです。
ノスタルジアに浸りながら召し上がれ!!


材料
*クランブル
小麦粉:300g 
塩ひとつまみを加えてふるっておく
ブラウンシュガー:175g
無塩バター:200g
賽の目切りにして室温にもどしておく。
バター:少々 耐熱皿に塗るもの

*詰め物
りんご:450g
皮をむいて芯を取り、1センチに切る
ブラウンシュガー:60g
小麦粉:大さじ1
シナモン(粉末):ひとつまみ

*下ごしらえ
1.オーブンを180℃で予熱する。
2.小麦粉と砂糖を大きめのボールに入れてよく混ぜる。
カットしたバターを2〜3個とり、ミックスした小麦粉と*1あわせる (混ぜる)。これを繰り返す。
バターを全部すりこんで、全体がパン粉のような状態になったら出来上がり。

*1**注意**
この、小麦粉とバターをあわせる(rub into)のがすごく重要。これで、クランブルの出来が決まってしまいます。

具体的に表記すると、
小指以外の4本の指で、指先を使って、小麦粉をまぶしたバターをすりすりする感じ。
この時、空気を含ませるために、すりすりする指をボールの底から離して(両手を持ち上げて)、混ざったバターと粉をボールの中へぱらぱらと落下させる。
(決して練ったり押し付けたりしてはいけない。)
Technique: Rubbing in
(ストリーミングビデオが見られます)
http://www.bbc.co.uk/food/techniques/rubbing_in
3.大きめのボールにりんごを入れ、砂糖、小麦粉、シナモンを振りかける。
りんごが壊れないように注意して混ぜる。
4.24p程度の耐熱皿にバターを塗る。
底にりんごを入れ、その上にクランブルの生地を振りかける。
5.クランブルが茶色に色づき、りんごがふつふつ煮立つまで40〜45分焼く。
6.生クリーム、または、カスタードを添えて供する。

**********

りんごの切り方ですが、「cut into 1cm/½in pieces
」としかありません。
下ごしらえの「3.」で「りんごが壊れないように気を付けて混ぜろ」っていうくらいですから、一切れはかなり大きめかと(小さくて厚さ1センチもあれば、生の状態では割れないでしょう…)。
自分の好きなように作りましょう。

**********

「ブラウンシュガーってどの銘柄を使うの?」って悩む必要はないと思います。
「ブラウンシュガー」とは、グラニュー糖、上白糖など精製して白くしたものではない、茶色い砂糖の総称です。好きなものを使えばよいと思います。
もっと言ってしまえば、上白糖が好みならば、それでおいしくできるでしょう。(イギリス人は矢鱈と、「ブラウンシュガー」が良いと言いたがる人が多いので。まぁ、いいのは知っていますが…)
上白糖でクランブルを作った場合は、出来上がりの色が少し浅くなるかでしょう。

ちなみに、ブラウンシュガーの例

ブラウンシュガー | 商品情報 | 【スプーン印】の三井製糖株式会社
https://www.mitsui-sugar.co.jp/products/brown_sugar/


**********




The best apple crumble
http://www.bbcgoodfood.com/recipes/best-apple-crumble

For the filling
575g Bramley apples (3 medium apples), peeled, cored and sliced to 1 cm thick (see tip)
2 tbsp golden caster sugar
For the crumble
175g plain flour
110g golden caster sugar
110g cold butter
For the topping (optional)
1 tbsp rolled oats
1 tbsp demerara sugar
double cream, clotted cream or custard, to serve

Golden caster sugar
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=WVVSDuD-p9gJ&p=golden+caster+sugar&u=www.nigella.com%2Fkitchen-queries%2Fview%2FGolden-Caster-Sugar%2F4380

Golden caster sugar is a fine granulated sugar that is made from unrefined sugar cane or beets. It is popular in the UK for its colour, which is a pale golden brown, and it has a slightly buttery flavour. It is unfortunately fairly unique to the UK. The important point to make is that it is a dry, free-flowing sugar.

In the US, and the rest of the world, the best substitute is regular white caster/superfine sugar. The sweetness of the two sugars is the same and the unrefined element, in our opinion, does not make a big difference to the final dish. In our experience the US sugars labelled as light brown sugar, dark brown sugar or golden brown sugar tend to be slightly moist as they have molasses added and they could adversely affect the recipe. Turbinado or Demerara sugar is an unrefined granulated sugar but the granules are usually too large to be used sucessfully in baking (though the sugar can be sometimes be used for coating or topping cookies and cakes).

Add Bookmark facebook twitter Print share
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


オックスフォード今年のことば2015 絵文字「うれし涙」

2015/11/18 15:34
今年も来ました。
オックスフォードからメールのお知らせ。

今年のことばは
絵文字
うれし涙
Face with Tears of Joy 

画像


≪オリジナルのページ≫
Oxford Dictionaries Word of the Year 2015 is…
http://blog.oxforddictionaries.com/2015/11/word-of-the-year-2015-emoji/?utm_source=woty-email&utm_medium=email&utm_content=WOTY&utm_campaign=od-newsletter-other

《本文》

そうです。史上初、「オックスフォード今年のことば2015」は、広く「絵文字:うれし涙」と呼ばれている「画像●」です。読者の方々は、また別の意味合いでご存知かもしれません。
下記に述べるとおり、様々な分野からの候補がありました。
しかしながら、2015年の価値観、傾向、関心事を反映する語として、「画像●」は選ばれました。

リンク:
どれくらい絵文字を知っていますか?
クイズをやってみよう
http://blog.oxforddictionaries.com/2015/11/word-of-the-year-2015-emoji/?utm_source=woty-email&utm_medium=email&utm_content=WOTY&utm_campaign=od-newsletter-other#quiz

●なぜこれが選ばれたのか
絵文字(emoji)(複数形は「emoji」または、「emojis」)は、1990年代から存在しますが、2015年の絵文字の使用と、「emoji」という語の使用は、大いに増大しています。
今年、オックスフォード大学出版局(Oxford University Press)は、有数の携帯技術ビジネス企業であるSwiftKeyと提携、世界中で最も人気のある「emoji」のアクセス頻度と使用例の統計データを調査、「画像●」が2015年世界中で最も使用された「emoji」に選ばれました。
SwiftKeyは、「画像●」が2015年イギリスでの絵文字の使用を20%押し上げたと割り出しました。
アメリカでの値は17%、そして、2014年の値、それぞれ4%(英)9%(米)から急激な伸びとなっています。
単語の「emoji」もまた同じような急上昇をみせています。
オックスフォードコーパス(Oxford Dictionaries Corpus)によると、「emoji」は1997年から英語の中に現れていますが、2015年の使用例は前年の3倍以上に上っています。

《図1》
単語「emoji」の使用例数の変遷
画像



実生活に於ける「emoji」とはどの様なものか?:ビデオ
What would emojis look like in real life? Watch the video.
http://blog.oxforddictionaries.com/2015/11/word-of-the-year-2015-emoji/?utm_source=woty-email&utm_medium=email&utm_content=WOTY&utm_campaign=od-newsletter-other#video

●「emoji」についての大まかな歴史

「emoji」とは、電子通信において、考えや感情を表現する小さなデジタル画像、またはアイコンです。
「emoji」という言い回しは、日本語からの借用語で、「picture」+「moji(letter, character)」が語源です。
英語の「emoticon(感情アイコン・顔文字)」に似ていることが記憶に残り易く、使用頻度の上昇に寄与しました。
このような類似性は全く偶然に起こります。
「顔文字・エモーティコン(emoticon)」定型化された画像ではなく、キーボードの文字によって作成された表情、例えば「 ;) 」――は英語の単語「emotion」 と「icon」に起源します。
「Emojis」は、もはや十代の携帯メールだけのものではありません。
――その代わりに、微妙な表現方法の形であり、言語の壁を超える物として受け入れられてきました。
ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)でさえ、「emoji」での意見を求めています。

******
奨学金の借り入れは、どんな気分になりますか?
「emoji」3つ以内で答えてください。
― ヒラリー・クリントン
(@HillaryClinton)
2015年8月12日

******
不良債権画像
画像https://t.co/wc697DAKww
— Zendaya (@Zendaya)
2015年11月4日

******
誰も要らない「emoji」
画像

みんなが必要な「emoji」
画像

Domino’s Pizza (@dominos)
2015年7月28日

******

今や私たちは考えや感情、反応を伝える簡単な方法としての「emoji」に慣れ親しんでいます。
そこで、こんな疑問が浮かびました。
実生活で「emoji」を使ったらどんな風になるのか?
何が起こるか推測してみました。


●今年のことば 候補リスト
画像
リンク
あなたは「オックスフォード今年のことば2015」にどれを選びますか?
投票しましょう。

◎ad blocker, noun: A piece of software designed to prevent advertisements from appearing on a web page.

◎Brexit, noun: A term for the potential or hypothetical departure of the United Kingdom from the European Union, from British + exit.

◎Dark Web, noun: The part of the World Wide Web that is only accessible by means of special software, allowing users and website operators to remain anonymous or untraceable.

◎on fleek, adjectival phrase: Extremely good, attractive, or stylish.

◎lumbersexual, noun: A young urban man who cultivates an appearance and style of dress (typified by a beard and check shirt) suggestive of a rugged outdoor lifestyle.

◎refugee, noun: A person who has been forced to leave their country in order to escape war, persecution, or natural disaster.

◎sharing economy, noun: An economic system in which assets or services are shared between private individuals, either for free or for a fee, typically by means of the Internet.

◎they (singular), pronoun: Used to refer to a person of unspecified sex.

候補リストについて、選考理由も含めてもっと見る
http://blog.oxforddictionaries.com/2015/11/word-of-the-year-2015-shortlist

●あなたは「emoji」をどれくらい知っていますか?





















●あなたは「オックスフォード今年のことば2015」にどれを選びますか?



≪タグ≫
今年の言葉 流行語大賞 笑い泣き 泣き笑い オックスフォード辞書 英語 翻訳

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
manxmouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる